会社名・組織 : 北海道大学、ソフトバンク
方式・名称  : チョウザメのスマート養殖

IoT データ処理 分析に関する記事

機械学習を用いてチョウザメの個体識別や行動分析を行い、異常行動の早期発見、病気のまん延防止、水流停止や餌の供給過多のような養殖環境の異常を検知し、チョウザメの全滅を防ぐ方法を研究する。また、水中や水上の画像データや環境情報データなどを、IoT機器によってリアルタイムに収集・分析を行い、水流のシミュレーションとCGで再現したチョウザメの筋骨格モデルによって、様々な仮想環境による個体の泳法の3DCGによるシミュレーションデータを使用する。

URL : https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2020/20200213_01/

  • 業種分類
  • 漁業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 教育・コンサルタント
  • 対応地域
  • 北海道
  • 出典
  • 日経産業新聞
  • リリース日
  • 2020/03/01
通信分類1