会社名・組織 : 小菅村、北都留森林組合、boonboon、さとゆめ、東日本電信電話
方式・名称  : 林業の労働災害抑止と獣害対策に関するIoTの実証実験

IoT ネットワークに関する記事

LPWA(Low Power Wide Area)の規格において長距離通信を可能にするとともに、中継機を複数利用するメッシュマルチホップ機能によって広範囲へのエリア拡張を実現し、無線の届きにくかった山間部のネットワーク環境を構築する。双方向通信可能な子機や専用アプリの活用により、SOS発信、位置情報把握、チャットコミュニケーションの3つの仕組みを提供する。シカ等の獣害対策の取組みとしては、子機に内蔵されたセンサーが罠の作動を検知すると、あらかじめ指定した宛先に捕獲通知が届き、捕獲の早期発見・駆け付けや巡回ルートの最適化が可能となる。加えて、巡回が困難な場所には、カメラを設置し、捕獲有無や害獣種別・大きさなどを画像で確認することで、巡回稼働の効率化を図る。

URL : https://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1230836.html

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • ネットワーク
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 山梨
  • 出典
  • 日経産業新聞
  • リリース日
  • 2020/02/01
通信分類2