会社名・組織 : 横河ソリューションサービス、日本ゼオン、Hmcomm
方式・名称  : 音声データを基にした製造業パイプラインのつまり予知・予兆診断

IoT 製造業に関する記事

製造プロセスにて音声データを収集し、収集したデータをもとにディープラーニング音声認識処理技術を用いて音声による「つまりモデル」を構築する。さらにこのモデルを搭載したプラットフォームをクラウド上に展開し、その上にオンラインで音声データを収集・解析するシステムを構築する。このシステムを活用し、プロセスの監視制御データと音声データの相関を取ることでより正確な設備の状態把握につなげるなどデータの活用範囲を広げ、化学のみならず幅広い業種のプラントへの応用を進める。

URL : https://www.yokogawa.co.jp/news/press-releases/2018/2018-06-04-ja/

  • 業種分類
  • 製造業 インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日経産業新聞
  • 日付
  • 2022年
  • リリース日
  • 2020/01/01
通信分類9_1