会社名・組織 : 東急リバブル、ジャパンホームシールド、Rist
方式・名称  : AIによる外壁クラック画像診断システム

IoT データ処理 分析に関する記事

AI画像診断システムにより、建物検査員が撮影するモバイルカメラの画像から建物外壁や基礎部分のクラックを検知(抽出)し、そのクラックの中から最大幅を特定して計測することが可能となる。この計測されたクラックの幅から対象建物に及ぼす影響などを推測・評価し、その情報を基に売買取引に際して必要な説明を行うとともに、適切な補修方法などを検討し提案することも可能となる。さらに、現場での一次評価からバックヤードでの審査までの一連の業務をAIが代替することにより、検査業務の精緻化、標準化及び効率化を実現させる。

URL : https://www.atpress.ne.jp/news/200782

  • 業種分類
  • ビル・住宅
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日経産業新聞
  • リリース日
  • 2020/03/01
通信分類7