会社名・組織 : 井関農機
方式・名称  : ICT農機

IoT 農業に関する記事

センサーを使って土壌の状態を把握して肥料の量をリアルタイムで調整する可変施肥機能や、全地球測位システム(GPS)を使って苗を真っすぐに植える「直進アシスト機能」などがある。土壌のデータや施肥の記録は田んぼごとに記録するため、翌年以降の収量や品質の向上に生かせる。直進アシスト機能では、不慣れな人でも熟練した人のように田植えができる。

URL : https://r.nikkei.com/article/DGKKZO55589820T10C20A2TJ3000?unlock=1&s=3

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 部品販売
  • 対応地域
  • 中国
  • 出典
  • 日本経済新聞
  • リリース日
  • 2020/02/01
通信分類7