会社名・組織 : キリンビール
方式・名称  : 生産工程自動化

IoT データ処理 分析に関する記事

横浜工場で缶製品の箱詰め工程で飲料の取り違えが起きないように人工知能(AI)で映像をチェックするほか、充填飲料の切り替えなどを遠隔操作できるようにして、生産工程の自動化を加速させる。醸造では、受注に応じたろ過工程の計画作りをAIが担う。作業の自動化で2020年度に少なくとも1600時間の作業負担減を見込む。

URL : https://www.nikkei.com/article/DGXMZO55262520U0A200C2L82000/

  • 業種分類
  • 食料品製造業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 神奈川
  • 出典
  • 日本経済新聞
  • リリース日
  • 2020/02/01
通信分類9_2