会社名・組織 : 日本通運、インテル、日本ハネウェル
方式・名称  : 輸送状況可視サービス(Global Cargo Watcher Advance)

IoT 運輸に関する記事

貨物に取り付けられたセンサタグ(子機)が、温度・湿度・衝撃・傾斜・照度・位置などのデータを計測、トラックや倉庫内に設置されたゲートウェイ(親機)を通し、データをクラウド上にアップロードすることで、顧客と日通の双方で輸送状況をリアルタイムに把握できる。

URL : https://mf-p.jp/news_matehan/1066.html

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • ネットワーク
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2019.2.26
  • リリース日
  • 2020/04/01
通信分類2