会社名・組織 : 東京エレクトロンデバイス、NUTANIX
方式・名称  : CX-M(異常判別プログラム自動生成マシン)

IoT データ処理 分析に関する記事

数値データを用意するだけで、自社基準の設備状態の判別プログラムを生成する製品。時系列データを入力すると、独自ソフトウェアでデータクレンジング、特徴の抽出、機械学習による判別モデル作成、判別精度検証を行い、異常判別プログラムを自動で生成してくれる。また、生成したプログラムは出力でき、製造現場や、自社のシステムに組み込むなど任意の環境での利用が可能。

URL : https://www.teldevice.co.jp/ted_real_iot/solution/cx-m/

  • 業種分類
  • 製造業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2020/05/01
通信分類1