会社名・組織 : 長谷工コーポレーション、アウトソーシングテクノロジー、日本マイクロソフト
方式・名称  : AR匠RESIDENCE(MRによるタイル打診検査)

IoT 各種システムに関する記事

現場の作業員 (検査者) がマイクロソフトのヘッドマウントディスプレイ「HoloLens 2」を装着して点検記録を行う。調査対象の物件情報、図面データを登録し、建物の危険エリアを設定すると、AR匠RESIDENCE で作成した 3D モデル上に点検記録を確認する。建物の 3D モデル (MR 空間) を作成、建物の平面図・立面図を現場へ重ね合わせて表示する。MR 空間に外壁調査結果を記録し、物件と調査期間を設定すると点検記録集計表、写真帳票を Microsoft Excel に自動出力し、点検結果を平面図・立面図に自動記載する。

URL : https://www.haseko.co.jp/hc/information/upload_files/20200706_1.pdf

  • 業種分類
  • ビル・住宅
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2020/07/01
通信分類7