会社名・組織 : 銀座農園
方式・名称  : FARBOT(スマートアグリ・モビリティ)

IoT 農業に関する記事

栽培エリアを自律走行し、収穫個数を判断する。オートセンシングによって収穫量・生育状態等の「生育データ」、温度・湿度・CO2・日射量等の「環境データ」のエリア計測する。これにより、エッジデバイスとして、又協働ロボットとして使用できる。

URL : https://smart.ginzafarm.co.jp/farbot-2/

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • エッジ
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2020.8.4
  • リリース日
  • 2020/09/01
通信分類9_2