会社名・組織 : テクムズ
方式・名称  : DEEPS AI(Inspector品質検査AI)

IoT データ処理 分析に関する記事

AI学習に必要なサンプル(少量の異常サンプル、正常サンプル)の数量を最小限に抑え、最適・最短でのチューンアップを行い、早期導入を実現させることが可能となる。まずは、少量の異常サンプル数(約20枚)で「違和感検知」からAI検査をスタートさせ、最短で検査効率をアップさせる。その後、取得したサンプル数に合わせ、不具合特定を行い、原因の分析と精度の向上に活用することが可能。また、導入後の検査精度アップにAIの専門知識は必要なく、現場のオペレーターでも操作可能なため、導入後の負荷も最小限に抑えられる。

URL : https://www.dreamnews.jp/press/0000212931/

  • 業種分類
  • 製造業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 従量課金
  • 対応地域
  • 愛知
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2020.7.16
  • リリース日
  • 2020/09/01
通信分類9_2