会社名・組織 : 奥村組、ジャスト
方式・名称  : AI を用いた下水道管渠の損傷検出システム

IoT データ処理 分析に関する記事

広角テレビカメラ調査に AI を用いて、技術者の判定結果を高精度に再現する。適用対象は、管径φ200mm からφ800mmの鉄筋コンクリート管と陶管で、広角テレビカメラで撮影した動画を、既存ソフトを使って展開画像への変換と画像分割を行った上で本システムに入力、その画像を AI 解析して管構造情報(取付管の位置、管のジョイント位置)と損傷情報(損傷の位置、種類、傷の程度)を 1 スパン(約 30m)あたり 15 秒程度で取得する。

URL : https://www.okumuragumi.co.jp/newsrelease/data/200520.pdf

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 大阪
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2020.7.14
  • リリース日
  • 2020/09/01
通信分類9_3