会社名・組織 : アトラックラボ、丹波農園
方式・名称  : Arm-Ⅰ(栗拾いロボット)

IoT 農業に関する記事

カメラで地面を撮影、その中に映っている栗をAI(ディープラーニング)で認識し、その座標へロボットアームを動かし栗を拾う。ロボットアームは、あらかじめ決められたコースを自律走行する車両に取り付けられており、移動しながら栗を拾う。アーム先端に取り付けるグリッパーは、作物や用途に合わせて形状が変更できるようになっており、3Dプリンターで作成した複雑な形状のグリッパーも容易に装着可能。そのため、学習データを他の作物に変えることで様々な用途に利活用できる。グリッパーの代わりに、スプレーノズルをつけて、ピンポイント農薬散布などの用途にも使用可能。

URL : https://robotstart.info/2020/10/12/ai-armrobot-attraclab.html

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • エッジ
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 京都
  • リリース日
  • 2020/10/01
通信分類9_2