会社名・組織 : WILLER、WILLERS PTE、Car Club Pte、Singapore Technologies Engineering、National Park Board
方式・名称  : シンガポール国立庭園における自動運転実証実験

IoT 運輸に関する記事

シンガポール国立庭園「Jurong Lake Gardens」にて自動運転の実証実験を開始した。アクセシビリティ向上の検証を行うほか、同庭園の完成に向けて、自動運転による旅客輸送システムの安全性・有効性・持続可能性を検証する。実験で使用される自動運転車両は、仏製の「NAVYA ARMA(ナビヤアルマ)」。今回は「レイクサイドガーデン」エリアにおいて、エントランスパビリオン~グラスランドの約1.2kmをセーフティオペレーターが同乗する形で運行。ちなみに同車両の最高時速は25kmだが、実験では最高時速10kmで走行する。

URL : https://techable.jp/archives/144033

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • アジア
  • 日付
  • 2020年12月開始
  • リリース日
  • 2020/12/01
通信分類7