会社名・組織 : 住友ゴム工業、群馬大学
方式・名称  : TPMS(タイヤ空気圧監視システム)による自動運転車パンク監視実証実験

IoT 運輸に関する記事

レベル4自動運転車を対象に、空気圧データ取得から異常時のタイヤメンテナンスまでのシステムを構築し、岐阜県岐阜市内の公道で実証実験を実施した。市街地で自動運転車に対して模擬的なパンクを発生させると、タイヤに装着されたTPMS(タイヤ空気圧監視システム)からの空気圧データにより管制所が異常をリモート検知し、タイヤ整備店に自動通知。通知を受けた整備店が現場に出動し、タイヤを補修した後、自動運転が復帰するまでの一連の流れを実証実験した。

URL : https://gomuhouchi.com/tire/31775/

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • ネットワーク
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 岐阜
  • 日付
  • 2020年11月実施
  • リリース日
  • 2020/12/01
通信分類7