会社名・組織 : Labore.AI、非破壊検査
方式・名称  : 損傷箇所特定AIソリューション

IoT データ処理 分析に関する記事

渦電流探傷試験の中でも、ボイラーなどの熱交換器等の強磁性伝熱管を対象とする検査技術として非破壊検査が特許を保有する検査技術『強磁性チューブ渦電流探傷技術(FTECT:エフテクト)』に AI を適用している。具体的には、FTECT によって取得された検査データの解析作業に AI を適用し、データ上に現れる減肉信号を自動抽出することを目指したもの。検査データからの異常個所の抽出を自動化するものであり、従来と比較してデータ解析処理数量が、60%程度増加できることを見込んでいる。

URL : https://laboro.ai/wp-content/uploads/2020/11/Press-20201118.pdf

  • 業種分類
  • 製造業 インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業) ビル・住宅
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 大阪
  • リリース日
  • 2020/12/01
通信分類9_1