会社名・組織 : オンキヨー、奈良先端科学技術大学院大学
方式・名称  : 路側設置振動センサによる交通量推定システムの開発

IoT データ処理 分析に関する記事

低コストで設置も簡単なピエゾ素子をもちいた振動センサを開発し車両通過時の路側に伝わってきた振動信号から特徴量を抽出することで車両の通過判定を行う交通量推定システムの検討を行った。一般の複数の道路の歩道に振動センサを設置した実験を行い、振動センサから収集した振動音データのみから機械学習アルゴリズムである SVM(Support Vector Machine)を用いて道路を通過した車両数を推定した。

URL : https://onkyo.com/news/images/20201117_PR_NAIST-kyodoukenkyu.pdf

  • 業種分類
  • 製造業 情報通信業 教育
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • 奈良
  • 日付
  • 2020年11月発表
  • リリース日
  • 2020/12/01
通信分類9_3