会社名・組織 : NTTデータ数理システム、海洋技術安全研究所
方式・名称  : VMS (Visual Mining Studio)による実海域での船舶性能データマイニング

IoT データ処理 分析に関する記事

実海域での船舶の推進性能を解析したり、運航状況を評価するためにVMSを用いている。まずベースライン推定で、波風がない状態での船舶の推進性能、つまりある馬力に対して、どれだけ船速が出ているかという速力・馬力曲線を算出する。解析のために必要な運航状況のモニタリングデータは船舶の位置・針路、積荷状況、主機関の馬力数、燃料消費量、対地船速・対水船速など、一定時間ごとに計測・収集されるこれらのデータは膨大で、推進性能に影響を与える種々の要因を解明するためには、多様な切り口での解析が必須。船舶は一隻一隻が異なり、航行時の癖もそれぞれあるが、VMSなら丁寧にスムーズに見ることができる。

URL : https://www.msiism.jp/article/nmri-ship-performance-analysis.html

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2021/01/01
通信分類9_1