会社名・組織 : 大豊産業
方式・名称  : 養鶏場の死亡鶏自動検出

IoT データ処理 分析に関する記事

走行ロボットにカメラを組み合わせ、取得した鶏籠の画像をサーバPCへ転送、AIによる判別を行い、判定結果を作業員へ通知するという仕組みを構築した。鶏の生存画像を複数パターン取得し、コンピュータに学習させる。コンピュータが生存を認識できるようになるまで学習する(⇒生存鶏学習)。次にさまざまな死亡鶏画像を複数パターン取得し、上記同様に学習を行う(⇒死亡鶏学習)。

URL : https://www.taihos.co.jp/img/news/20190801.pdf

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 香川
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2020.11.18
  • リリース日
  • 2020/12/01
通信分類9_2