会社名・組織 : 東芝エネルギーシステムズ
方式・名称  : 火力発電機器AI寿命予測

IoT データ処理 分析に関する記事

オーストラリアの石炭火力発電所にセンサーを設置して稼働データを収集。人工知能(AI)で設備の異常予兆をつかみ、健全性も確かめる。実証では設備の健全性を確認した上で点検頻度を最適化し、発電所の保守コスト削減を目指す。遠隔監視により現場での点検頻度を減らし、保守費用を削減する。AIが稼働データを分析して、設備の異常予兆をつかむことができれば設備更新の計画策定にも役立つ。

URL : https://www.denkishimbun.com/sp/81936

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • その他
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2020.11.11
    電波新聞
    2020.10.6
  • リリース日
  • 2020/12/01
通信分類1