会社名・組織 : セントラル情報サービス
方式・名称  : 胃診電信(牛体温監視システム)

IoT 農業に関する記事

牛用無線体温計で日々の自動検温を行うにより、牛の健康状態を見える化し、健康な牛づくりから医療費の削減・牛個体の健康管理を支援するクラウドサービス。牛の第一胃(ルーメン)の温度を常時計測するため、利用開始時に対象となる牛に無線温度センサを飲ませる。投入した無線温度センサは胃の中から5分毎に24時間365日、約5年間に渡り体温データを送信し続ける。これにより、高温・低温・給水回数の異常を検知しメールで通知し、早期疾病対策を支援する。乳牛・繁殖牛の発情タイミングを検知しメールで通知する。分娩も24時間以内で予測し通知する。転倒牛の急な体温上昇を検知しメールで通知する。

段落 

URL : http://www.cisnet.co.jp/ishindenshin.htm

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • デバイス・センサー
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 大阪
  • リリース日
  • 2021/01/01
通信分類5