会社名・組織 : 金剛ダイス、アイレス電子工業
方式・名称  : 放電加工機の稼働状況を見える化し、機器の稼働率を向上

IoT 製造業に関する記事

放電加工機本体の電源プラグにセンサーを設置し、機器が発する電流値を測定することで、機器の稼働状況を見える化(工程内作業ごとに発する電流値が異なる機器の特性を利用し、各工程に要する時間を計測)した。測定したデータをクラウドに蓄積・分析することで、生産に時間を要する工程や作業の割り出しが可能。

URL : https://www.kankeiren.or.jp/iot/pdf/iot26.pdf

  • 業種分類
  • 製造業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 和歌山
  • 出典
  • 都立産業技術研究センター
    IoT事例集
  • リリース日
  • 2021/01/01
通信分類1