会社名・組織 : NTTドコモ、佐賀市
方式・名称  : 水田センサーによる農地の塩害被害最小化

IoT 農業に関する記事

農業用水路の水門付近に設置した水田センサから塩害の発生状況(塩分濃度)をリアルタイムに把握し、迅速な対応を可能とすることで、農作物への被害を最小限に抑える塩害対策モデルを実証する。本事業により、塩害状況みまわり稼動の削減と用水路への潮水侵入状況の監視を行う。

URL : https://www.kiai.gr.jp/jigyou/h30/PDF/0809p4.pdf

  • 業種分類
  • 農業、林業 公共
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 佐賀
  • 出典
  • 都立産業技術研究センター
    IoT事例集
  • リリース日
  • 2021/01/01
通信分類7