会社名・組織 : Jimi Cheese(英)、アステリア
方式・名称  : チーズ小売専門店向け温湿度自動記録

IoT 各種システムに関する記事

それぞれのチーズのショーケース内に温湿度センサーを設置し、電波の届くエリアにエッジゲートウェイを置き、データをまとめて収集する。これにより、毎日3回、それぞれのショーケースに設置されている温度計、湿度計を人が紙に転記作業が不要になるだけでなく、温度・湿度の異常を知らせたり、データとして活用することが可能となった。更に、人感センサーにより来客を検知し、データ化したり、効果音でもてなすこともできるようになった。

URL : https://www.gravio.com/jp-blog-article/2019-11-26-real-cheese-shop-iot

  • 業種分類
  • 卸売業、小売業 宿泊業・飲食サービス業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 従量課金
  • 対応地域
  • ヨーロッパ
  • リリース日
  • 2021/03/01
通信分類1