会社名・組織 : 山口大学、アクセルスペース
方式・名称  : 衛星コンステレーション時代の AI 画像解析のためのキャリブレーション手法の開発

IoT データ処理 分析に関する記事

人工衛星で農作物の生育状況などをモニタリングする場合には、最低でも 2-3 日間隔での観測が求められることが一般的であり、このような高い観測頻度を実現するためには、1 機の衛星のみでは難しく、複数の衛星によるコンステレーションを用いることが必要となる。低コストで開発可能な小型衛星技術の発展によりコンステレーション実現へのハードルが下がったことで、構築に取り組む事業者が世界的に増えつつあり、近い将来にはこうした地球観測コンステレーションが新たな社会インフラとして定着することが期待されている。

URL : http://www.yamaguchi-u.ac.jp/library/user_data/upload/Image/news/2020/20120801.pdf

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • IoTマーケティング支援
  • 対応地域
  • 鳥取
  • リリース日
  • 2020/12/01
通信分類9_1