会社名・組織 : 鳥取大学、日本電気、筑波大学
方式・名称  : 確率推論を用いた事故の予兆分析とリスクアセスメントシステムの構築

IoT データ処理 分析に関する記事

インバリアント分析技術により、プロセスの異常を検知して得られた発報TAG情報と確率推論(複雑に関連する因果関係を確率的に分析して推論するAI技術)によるリアルタイムリスクアセスメントシステムを開発し、製造現場における事故予知効果を検証、実用化した。実環境でオンライン異常予兆検知の検証を行い、単純な閾値監視では検知困難な異常に対し91時間前に予兆を捕捉。確率推論に異常センサ情報を通知する連携を行い、リアルタイムリスクアセスメントシステムを用いた早期リスク検討を可能とした。発生頻度の低い事故予兆知識を獲得するために、実際のプロセス変動データを用いたプロセスシミュレータを構築した。

URL : https://www.nedo.go.jp/library/seika/shosai_201906/20190000000306.html

  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システムインテグレータ
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • プラントにおける先進的AI事例集
  • リリース日
  • 2020/12/01
通信分類9_1