会社名・組織 : ベストマテリア
方式・名称  : リスクベースメンテナンスにおける損傷機構選定のAIによる自動化

IoT データ処理 分析に関する記事

予兆保全AIを搭載したRBM (リスクベースメンテナンス)SaaSにクラウドを介してアクセスし、必要データをソフトに入力し、リスク評価を行い、リスクを基準とするメンテナンス(RBM)を実施する。RBM実施に必要な (SaaSに入力された) 損傷機構データ(疲労、腐食、クリープ、エロージョンなど)は、分散型データベースに安全に格納され、予兆保全AIの開発および予測精度向上のデータとして活用される。AI搭載RBM SaaSの利用が増えると、データが増え、予兆保全AIの精度が向上し、信頼性が増すことで、AI搭載RBM SaaSの利用がさらに増えるという好循環がもたらされる。

URL : http://b-mat.co.jp/%E4%BA%88%E5%85%86%E4%BF%9D%E5%85%A8AI%E6%90%AD%E8%BC%89RBM-SaaS/

  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システムインテグレータ
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • プラントにおける先進的AI事例集
  • リリース日
  • 2020/12/01
通信分類9_1