会社名・組織 : JSR
方式・名称  : 画像の自動判別による配管外面の腐食箇所の検出

IoT データ処理 分析に関する記事

配管外面の腐食の検出のために、これまでは作業員がプラント全体を目視点検する必要があったが、AIが画像から腐食が疑われる箇所を選別(スクリーニング)すれば、作業員が現場で重点的に確認すべき箇所を事前に絞り込める。AIが画像から腐食箇所を自動判定することで、個人の力量に依らず一定の基準で配管の腐食箇所を検出できる。配管の画像と異常の有無を位置情報と紐づけて時系列的に管理することで、損傷の時間的変化を把握できる。

URL : https://www.meti.go.jp/press/2020/11/20201117001/20201117001-4.pdf

  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • プラントにおける先進的AI事例集
  • リリース日
  • 2020/12/01
通信分類5