会社名・組織 : 日揮グローバル
方式・名称  : プラント設備の閉塞要因の抽出・可視化

IoT データ処理 分析に関する記事

業務を請負う前に、担当者・技術者・解析担当が一堂に会してワークショップを行った。ワークショップを通して、解析対象の事象、データの質と量、解析の方針、最終アウトプット等について共通認識を形成した。生産性向上の見込みと、開発プロセスの詳細の理解を通して、導入側の納得・疑問点解消に至り、AI開発プロジェクトを開始できた。AIによって装置の閉塞原因となる条件を特定でき、閉塞の再発防止策や発生を遅らせる運転方法を考案し、装置の閉塞が発生する頻度を抑制できた。これにより、装置の清掃の頻度の低減や装置の閉塞によるプラントの停止期間が減少し、生産性が向上した。

URL : https://www.meti.go.jp/shingikai/sankoshin/hoan_shohi/koatsu_gas/pdf/017_s04_00.pdf

  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 神奈川
  • 出典
  • プラントにおける先進的AI事例集
  • リリース日
  • 2020/12/01
通信分類9_1