会社名・組織 : KYOSO、ユーシン精機、ソラコム
方式・名称  : 産業用ロボット稼働状況モニタリング(IntuLine)

IoT 製造業に関する記事

樹脂射出成形取出ロボットを導入してすぐに利用でき、提供されるアプリは、まさに直感的に簡単に(Intuitive)使うことができる。スマホやパソコンから手軽く、生産数、稼働率、稼動状況、サイクルタイム、エラー数、チョコ停数と生産現場の画像を表示する。これまで把握が難しかったチョコ停の頻度や時間など成形現場の見える化が実現する。トラブル時にIoTシステムを通して、客先のエラー情報をユーシン精機と共有することで、これまで、状況を説明いただいていた手間を低減し、ユーシン精機のサービス担当が現場にいる感覚でトラブル解決の手伝いをする。

URL : https://iot.kyoto/usecase/2017/08/07/2618/

  • 業種分類
  • 製造業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • その他
  • リリース日
  • 2020/01/01
通信分類7