会社名・組織 : カゴメ、日本電気
方式・名称  : 営農アドバイスサービス

IoT 農業に関する記事

日本電気は農業ICTプラットフォームCropScope(クロップスコープ)とAI(人工知能)を活用した営農支援事業を、カゴメと共同で開始した。人工衛星の衛星画像やUAV(無人航空機)が撮影した航空写真、土壌環境の測定用センサーなど各種センサーから収集したデータなどをもとに、トマトの生育状況や土壌の状態を可視化し、熟練栽培者のノウハウを学習させたAIが、水や肥料の最適な投入量と時期について利用者に指示を出す。

URL : https://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/2004/06/news024.html

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 愛知
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2020.10.7
  • リリース日
  • 2020/11/01
通信分類9_1