会社名・組織 : JSOL、菅清工業、日本マイクロソフト
方式・名称  : 下水道管きょ異常判定作業効率化

IoT データ処理 分析に関する記事

下水道管きょの点検において、Cognitive Serviceの事前学習済みのAI機能を活用することで、初期学習の負担を軽減するとともに、機能の使い方を工夫することで、検査者が見るべき箇所をガイドできるようにした。また、検査者の意見を反映し、検査を効率的に行えるユーザーインターフェースを開発した。

URL : https://www.jsol.co.jp/release/2020/201110.html

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2020/11/01
通信分類9_1