会社名・組織 : ソフトバンク、九州旅客鉄道、東邦電機工業
方式・名称  : 踏切設備の保守の効率化

IoT 各種システムに関する記事

踏切制御装置や警報機、遮断機などの踏切設備の作動ログを取得できる情報メモリーに、LPWA(Low Power Wide Area)通信モジュールを搭載した通信デバイスを接続させて、4カ所の踏切設備に設置した。踏切設備の作動ログは、ソフトバンクのIoTプラットフォームに集約して、JR九州の管理者が遠隔で確認できるようにし、運用面における検証を行う。

URL : https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2020/20201106_01/

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 福岡
  • 日付
  • 2020年11月開始
  • リリース日
  • 2020/11/01
通信分類7