会社名・組織 : 日本システムウェア、JAファーム佐渡
方式・名称  : クローラー型モビリティロボット

自動運転・ADAS用外付制御ユニット」を搭載した「クローラー型モビリティロボット」を活用して、佐渡島特産「おけさ柿」の栽培における収穫作業とせん定作業の省力化を実現するための実証実験を開始した。収穫作業時に、作業者が収穫した果実を容易に積載できるよう「クローラー型モビリティロボット」は作業者に追従して走行する。一定量の果実を積載すると、自律的にトラック停車場所まで運搬する。せん定作業時に、せん定した枝の積載と運搬を上記と同様に支援する。

URL : https://www.nsw.co.jp/topics/news_detail.html?eid=635&year=2020

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • エッジ
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 新潟
  • 日付
  • 2020年11月開始
  • リリース日
  • 2020/11/01
通信分類9_2