会社名・組織 : INDETAIL、宇野牧場
方式・名称  : スマート酪農

IoT 農業に関する記事

宇野牧場が持つ広さ160ヘクタールの広大な放牧地を区画し、ドローンが各区画の牧草を撮影。その撮影データから牧草の生育具合をAIで自動判別し、その日の最良な放牧エリアを選定する。各区画の境界線にはリモートで制御可能なゲートが設置されており、AIが放牧エリアを選定したあとは、各ゲートの開閉によりその日の放牧エリアを自動形成する。ドローンやAIを導入することで、乳牛の日ごとの食育量の管理や、刈り取りに必要な草量や肥料の適正量が迅速に把握できる。

URL : https://www.drone.jp/news/20200821153005.html

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 北海道
  • 出典
  • 日経産業新聞
    2020.8.28
  • リリース日
  • 2020/08/01
通信分類7