会社名・組織 : アンドール
方式・名称  : エッジAI(危険領域判定システム)

ディープラーニングによる Pose(人の骨格認証)技術を利用した危険領域判定システム。カメラからの画像から人の位置を推定し、あらかじめ設定した危険領域に近づくとアラームを発する。Pose 技術では平面(2 次元)での判定しかできないが、同じくディープラーニングによる Depth(深度推定)の技術を併用することにより立体(3次元)での判定を可能とした。

URL : https://www.andor.co.jp/product/edgeAI.html

  • 業種分類
  • 製造業 インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業) ビル・住宅
  • 製品分類
  • エッジ
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2020/09/01
通信分類9_2