会社名・組織 : ファーストリテイリング、ダイフク、MUJIN、エグゾテックソリューションズ(フランス)
方式・名称  : マテリアルハンドリング

IoT 運輸に関する記事

ファーストリテイルングはこれまでダイフクと自動倉庫で提携してきたが、MUJINとユニクロのアパレル商品に適合したピッキングロボットを開発し、国内外の倉庫に導入する。モーションプランニングAIを用い、形状が柔らかく種類が豊富なアパレル製品を正確にピックアップし、効率良く梱包できるようにする。エグゾテックの「スカイポッド」は秒速4メートルで動き、高さ10メートルの棚にまで登り、最大30キログラムの商品の入っているボックスを取りに行く。受注量が増えても、ロボットの台数を増やしたり、棚を増設するだけで対応できる。これらの設備を使い、物流の自動化を推進する。

URL : https://www.bci.co.jp/netkeizai/article/6207

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • マネジメント
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日経産業新聞
  • 日付
  • 43770
  • リリース日
  • 2019/12/01
通信分類1