会社名・組織 : 北陸電力、JEFエンジニアリング
方式・名称  : ダム最適運用システム

IoT データ処理 分析に関する記事

神通川水系上流部に位置する北陸電力の浅井田ダムで、流入量の予測にはJFEエンジニアリングが独自に開発したAIエンジンを活用し、浅井田ダムに関連する過去の降雨量と流入量の実績データを学習させるとともに、これまでの北陸電力の予測ノウハウと融合させながら、予測精度の向上に取組んだ。実証試験の結果、流入量の予測精度が従来に比べて大幅に向上することを確認した。また、予測結果を活用しダム運用を最適化することで、無駄な放流をなくして早期にダム水位を回復することが可能となった。

URL : https://www.jfe-eng.co.jp/news/pdf/f68cb39ac23d601f582a0178f8a5b8809b1320b7.pdf

  • 業種分類
  • インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業)
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 岐阜
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2020.6.18
  • リリース日
  • 2020/07/01
通信分類9_3