会社名・組織 : フタバ産業、名古屋工業大学
方式・名称  : 工場内物流効率化

IoT 製造業に関する記事

岡崎工場にIoTやAIを採り入れ、工程内物流の改善や設備の予防保全といったモデルラインを作って国内外の工場に展開していく。将来的には国内外の生産状況をリアルタイムで集め、既存事業の効率化を進めて原価低減や経営判断に活かす。センサーや無線通信を活かしてフォークリフトの位置や動きなどを収集・分析し、物流ルートを標準化する。

URL : https://www.netdenjd.com/articles/-/214350

  • 業種分類
  • 製造業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 愛知
  • 出典
  • 日刊工業新聞
    2020.5.13
  • リリース日
  • 2020/07/01
通信分類5