会社名・組織 : インフィック
方式・名称  : 離床予測システム

IoT データ処理 分析に関する記事

ベッドマットの下に設置するIoT見守りセンサー『LASHIC-sleep(ラシクスリープ)』等を用いて、ベッドを使用する高齢者の離床タイミング(ベッドから立ち上がるタイミング)をAIによって予測する離床予測システムのサービス提供を開始する。不用意に離床してしまうことで起こる骨折等の怪我の危険や転倒後寝たきりのリスクを低減し、また、離床事故を懸念しての見回りや、いざ転倒してしまったときの救護などの稼働を大幅に削減できることが期待される。

URL : https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000006.000052188.html

  • 業種分類
  • 医療、福祉
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • 日付
  • 2020年7月開始
  • リリース日
  • 2020/07/01
通信分類7