会社名・組織 : 三菱電機
方式・名称  : 鉄道LMS on INFOPRISM

IoT 運輸に関する記事

鉄道車両の各機器の状態を収集、蓄積したデータの分析により鉄道車両のメンテナンス業務を効率化する。リアルタイムに収集・把握した運行中の鉄道車両の状態監視データを分析し、各機器の健全性を自動判定。車両基地などで実施している定期検査が運行中に実施できるので、検査省力化に貢献する。運転台のモニター画面や機器の動態データを、車上側の乗務員と地上側の指令員・基地保守員との間で共有し、故障時の迅速復旧を支援する。AI手法、ビッグデータアプローチなどの多角的なデータ分析アルゴリズムを装備し、対象機器の設計・製造における知見や技術、各鉄道事業者の運用ノウハウを組み込むことで、精度の高いCBM(Condition Based Maintenance:予知保全)を実現する。

URL : http://www.mitsubishielectric.co.jp/news/2019/1024-b.html

  • 業種分類
  • 運輸
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日経産業新聞
  • 日付
  • 43739
  • リリース日
  • 2019/12/01
通信分類7