会社名・組織 : 創屋
方式・名称  : AI異常検知システム

IoT データ処理 分析に関する記事

AIを用いた異常検知の手法として、大量の計測値を学習させ、過去の異常データの事象に当てはまる度合いの確率を求める「教師あり学習」と異常データが十分に無い場合、正常データからどれぐらい外れているかを求める「教師なし学習」が用いられる。もともと装置異常の頻度が少なかったり、データそのものを収集していなかったりと、十分に学習させる「教師データ」が無い場合は多々あるが、特徴を効率よく学習するデータ作成や、データ収集・蓄積の支援、データを収集するためのセンサーやカメラの設置や、収集されているデータの整理整頓や修正作業なども対応する。

URL : https://www.souya.biz/業務システム/機械学習・ディープラーニング/異常検知・故障予測/

  • 業種分類
  • 製造業
  • 製品分類
  • データ処理・分析
  • サービス分類
  • システムインテグレータ
  • 対応地域
  • 石川
  • リリース日
  • 2020/04/01
通信分類9_2