会社名・組織 : ケーザー・コンプレッサ(独)
方式・名称  : シグマ・エアー・マネージャー4.0

IoT 製造業に関する記事

コンプレッサーを複数設置している場合、各コンプレッサーの稼働率や負荷をどうするかによって、同量の空気でも消費電力が大きく変化する。そのため、ケーザー社が顧客の製造業務に合わせて最適な構成を提案し、制御を行うことによって、コストを最小化することができる。すなわち、圧縮空気使用量に応じて課金する。

URL : https://www.sapjp.com/blog/archives/10641

  • 業種分類
  • 製造業 インフラ(電気・ガス・熱供給・水道業) 公共
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 従量課金
  • 対応地域
  • ヨーロッパ
  • 出典
  • 日経産業新聞
  • リリース日
  • 2019/10/01
通信分類1