会社名・組織 : IOEZ(台湾)
方式・名称  : AI Care Power System

IoT 各種システムに関する記事

1つの病室全体をカバーするようにToFセンサー(赤外線)を照射し、その反射時間を画素毎に計測することで、三次元情報を計測できるセンサー)を配置し、その情報をAIで分析することで、人の姿勢などを把握できるようにしている。それにより入院患者の転倒や病室の抜け出し(徘徊・失踪)を監視している。ミリ波レーダを患者の心拍や呼吸数など整理データの取得に利用している。こちらもAIを通して分析することで余計な情報を排除し、心拍や呼吸数のみを正確に、かつ継続的に収集している。

URL : www.ippc.com.tw/UI_layout/DetailPage.aspx?nid=2404&pid=57

  • 業種分類
  • 医療、福祉
  • 製品分類
  • デバイス・センサー
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • アジア
  • リリース日
  • 2020/01/01
通信分類5