会社名・組織 : 要、北見市、北見工業大学
方式・名称  : 路面点検システム

IoT ネットワークに関する記事

要がアプリケーションの設計・開発、北見工業大学が路面調査とアプリに掲載するコンテンツの検証をそれぞれ担当し、初回は北見市に全員が集まって実施したものの、以後は北見市と東京の間でテレビ会議道路利用者の評価に関連付けた標準指標に基づいて路面の凹凸を可視化すると共に、履歴機能による損傷の進行速度も把握できる仕組みになっている。また住所を入力すれば、その地点の路面状況を撮影した写真を確認できる機能も実現している。

URL : ttps://dcross.impress.co.jp/docs/column/column20181101/001033-2.html

  • 業種分類
  • 公共
  • 製品分類
  • クラウド・サーバ
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 北海道
  • 出典
  • CEATEC 2019.10.16 IoT推進ラボ講演""
  • リリース日
  • 2019/11/01
通信分類7