会社名・組織 : 東京エレクトロンデバイス
方式・名称  : CX-M(異常判別プログラム自動生成マシン)

IoT 製造業に関する記事

予知保全のためのデータ分析に特化した オンプレミス で利用できる分析製品で、分析用の CSVファイル を用意すれば、分析モデル作成に必要な作業を全てCX-Mが行う。利用者は分析結果と分析過程の情報を確認し、現場で利用するか判断できる。

URL : https://cxm.tokyo/

  • 業種分類
  • 製造業
  • 製品分類
  • マネジメント
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • 東京
  • リリース日
  • 2019/11/01
通信分類1