会社名・組織 : インフォマート、スマートショッピング
方式・名称  : 食材の自動発注システム

IoT ネットワークに関する記事

スマートショップが開発したIoT重量計「IoT機器スマートマット」が定期的に残数・残量を計測し、発注点を下回ったらインフォマートの「BtoBプラットフォーム受発注」とデータを自動連携する。「BtoBプラットフォーム受発注」のデータの アップロード機能 を契約することで、計測頻度はユーザーで設定可能となる。「BtoBプラットフォーム 受発注」を介して発注をすることで、棚卸・発注業務の自動化が低コストで可能。

URL : https://ecnomikata.com/ecnews/23949/

  • 業種分類
  • 卸売業、小売業 
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 従量課金
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日本経済新聞 2019.10.11""
  • リリース日
  • 2019/10/01
通信分類4