会社名・組織 : ソフトバンク、ハンテック、信州大学、伊那市有線放送農業協同組合
方式・名称  : スマートトラップ NB-IoT

IoT 各種システムに関する記事

くくり罠やはこ罠などの既存の罠に設置することで、鳥獣を捕獲した際にリアルタイムで管理者に通知することができる機器。磁気センサーや GPS 機能、 NB-IoT に対応した通信モジュールなどを搭載しており、鳥獣が罠にかかったことを磁気センサーが検知すると、事前に登録した管理者のメールアドレスにメールが届く。蓄積された情報を鳥獣の行動解析や、 トレーサビリティー によるジビエの流通管理、報告書の電子化や自動作成などに利用することが可能で、罠の見回り業務の省力化や、捕獲精度の向上、報告業務の効率化が期待できる。

URL : https://www.softbank.jp/corp/news/press/sbkk/2019/20191031_01/

  • 業種分類
  • 農業、林業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 長野
  • 出典
  • 日経産業新聞 2019.12.3""
  • リリース日
  • 2019/12/01
通信分類2