会社名・組織 : アステリア
方式・名称  : Gravio 3

データ連携ツール「ASTERIA Warp」で培った技術をベースにIoT向けに進化させ、AI機能を搭載した エッジコンピューティング 型のIoT統合ソフトウェア。ノン・プログラミングと直感的な画面設計により、使い勝手の良さを重視。更にはAIを活用した認識技術の内蔵とマルチプラットフォーム対応が、インテリジェントエッジとしての活用シーンを飛躍的に拡大。

URL : https://www.asteria.com/jp/news/press/2019/08/23_01.php

  • 業種分類
  • 製造業 ビル・住宅
  • 製品分類
  • エッジ
  • サービス分類
  • システム販売
  • 対応地域
  • 東京
  • 出典
  • 日経産業新聞 2019.9.18
  • リリース日
  • 2019/09/01
通信分類3