会社名・組織 : アディダス(独)
方式・名称  : ARAMIS

IoT 製造業に関する記事

靴の素材や足の形に関する極めて詳細な情報をもとにして、靴にかかる圧力や変形の度合いなどを計算し、適切な靴のデザインを決定すると。この3次元モデルをもとに、スピードファクトリーのロボットが製造を担当する。

アディダスの全自動工場「スピードファクトリー」は何がスゴいのか

スポーツ用品メーカーのグローバル企業であるアディダスがドイツ本社近くに建設した「スピードファクトリー」では、全ての製造工程をロボットが担当しています。ロボットの導入によって人件費が高いドイツでも製造が可能になり、アジア地域で製造した商品を船便で輸送する必要がなくなりました。そのため、1年半かかっていた製造プロセスが数週間にまで短縮されています。低コストな大量生産の仕組みを維持しながら、ユーザーの要望に応じた個別生産を組み合わせる生産方式は、デジタル情報をやり取りして製造プロセスを高度化する「インダストリー4.0」の事例として注目が集まっています。(続きは引用元へ)

(引用元) https://www.sbbit.jp/article/cont1/32964

URL : https://www.sbbit.jp/article/cont1/32964

  • 業種分類
  • 製造業
  • 製品分類
  • 各種システム
  • サービス分類
  • 本業の効率化、機能・売上アップ
  • 対応地域
  • ヨーロッパ
  • 出典
  • 日本経済新聞
    2019.8.22
  • リリース日
  • 2019/08/01
通信分類3